Home-「あなたの人生変わります」
著書&お勧めの本を紹介
 Home>著書&お勧めの本を紹介

 ▼著書
■ 「なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか」
(田村孝)

この本では、「汚れ」を取り除くことではなく、「におい」を取り除くことが一番大事なポイントだと解説しています。

「汚れ」は目に見えますが、「におい」は目に見えません。

トイレ掃除をする時には、目に見える「汚れ」を取り除くことだけに意識が向いてしまいますが、見える所だけを掃除しても効果は半減してしまいます。

本の中では次のように書かれています。

「トイレの蓋をする人」→「臭いにこだわる人」
「臭いにこだわる人」→「見えない所にも気を使う」
「見えない所にも気を使う」→「信頼できる」
「信頼できる」→「安心して仕事を頼める」
「安心して仕事を頼める」→「仕事が増えて、お金がいっぱい入る」

やはり、仕事で成功するには、周りの人から信頼されなければなりません。

運の悪い人というのは、どうしても“見かけ”だけを取り繕う癖があります。しかし、運の良い人というのは、見かけよりも“中身”を磨いていきます。

外見を着飾ったり、表面だけを取り繕う人というのは、時間が経つにつれてボロが出てきます。一方、見かけはパッとしなくても中身が磨かれている人は、時間が経つにつれて輝きを増してきます。

株を買うにしても、派手な値動き(見かけ)に心を動かされて買ってしまう人は、いつも損をするハメになってしまいます。逆に、会社の業績(中身)をきっちり調べて株を買う人は、目先の値動きに惑わされることなく、長期的視点で物事を捉えているので、最終的には儲けることができます。

また本の中では次のような事も書かれています。

「毎日歯を磨くのは、お金をいっぱい手に入れる為ですか?」
「お風呂に毎日入るのは、大富豪になる為ですか?」

凄い効果を期待して、歯を磨いたりお風呂に入ったりする人はほとんどいません。毎日の習慣として当たり前となっているのではないでしょうか。

一方トイレ掃除といえば、大きな臨時収入を期待して励んでいる人が多いかもしれません。しかし、トイレ掃除の場合も、歯を磨いたりお風呂に入ったりするのと同じように、当たり前の習慣になっているのが望ましいです。

その理由を、本の中では次のように解説しています。

「そうなれば、しめたものです。何故なら、幸運というものは、“期待する人”の所をあまり好まないからです。欲や下心がスッと抜けて忘れた頃に、思いがけない臨時収入や良い出来事が起こるものです。」

トイレ掃除をして効果がなかったという人は、この本を読んで便器の裏側も綺麗に磨くことで、大きく金運がアップすることでしょう。


▼本の購入&他の人の書評を読んでみる

直感数秘術

HR2.0的な世界へ!

光透波(ことは)の泉【デシタル版】しあわせの波紋

「シンクロリズム/きみであるために」

おもしろタノシズム

元局アナがススム道

運の達人1000人に学ぶ今日の秘訣

みんな違って、みんないい!

サラリーマンFPの株式投資1億円と徒然日記


Home